English お問い合わせ

自主研究プロジェクト

研究人材養成プロジェクト

プロジェクトのねらいと概要

日本における人口の超高齢化の進行と人口構造の変化、社会保障財源の制約が強まる中で、医療科学の必要性はますます高まっている。

海外では、純粋医学研究とは異なる、広義の医療資源の配分やサービスの質、アクセスなどに主眼を置く、医療研究や医療サービス研究分野の人材養成が進んでいる。しかし、我が国のこの領域を担う人材育成の状況を見ると、多くの課題に直面している。医学系の学部における社会医学の教員ポストは減少傾向にあり、現在そのポストについている者にも遺伝子解析や生化学、臨床医学を基盤とする研究者が増えてきており、医療科学の担い手は減ってきている感がある。経済学や社会学において、海外では医療経済学や医療社会学は大きな領域となっているが、日本ではいまだにメジャーな分野に育っているとは言いがたい。一方で、公衆衛生大学院の増加や社会医学系専門医制度の議論など、変化が見られているが、以上のような状況の中で充分な指導者が確保できているのかどうかの検証がなされていないのが現状である。

本自主研究プロジェクトの目的は、(1)日本における医療科学研究人材養成の現状を把握し、(2)これを先進諸外国の現状と比較することで日本における人材養成の課題とその背景要因を明らかにし、(3)日本における人材養成を推進するためのアクションプランを練り上げ、(4)その中で医療科学研究所が果たすべき役割についてまとめることにある。

「医療科学の研究人材養成を取り巻く環境と課題」プロジェクト

2016年度プロジェクト

2017年度プロジェクト