English English お問い合わせ お問い合わせ

シンポジウム

医研シンポジウム 第12回シンポジウム
保険者機能の発揮-今後の方向と課題-
 

日 時
2002年10月25日(金)
午後1時30分〜午後5時30分
会 場
経団連会館 11階 国際会議場
〒100-8188 東京都千代田区大手町1-9-4
参加費
無 料
主 催
財団法人 医療科学研究所
後 援
厚生労働省

開催趣意

医療制度改革の進行の中で、わが国の医療保険制度の運用も新しい局面を迎えています。今後の規制緩和推進の課題として取り上げられている「保険者機能の発揮」は、診療報酬の審査・支払等において従来とは異なる論理と手続きを導入するものであり、今後の医療経営のみならず医療そのものにも大きな影響を与えることが見込まれています。保険者によるレセプトの審査・支払、保険者と医療機関の個別契約の締結、保険者による被保険者や医療機関に対する情報収集など、いずれもその基本的なあり方と今後の運用の方向が問われているといえます。

本シンポジウムにおいては、そもそも保険者機能とは何なのか、その法的な意義、医療を提供する立場からの受け止め方、そして保険者の立場・医療機関の立場からの今後の具体的な対応について、それぞれの分野・立場の専門家にご発言をいただいて考えてみたいと思います。保険関係団体・医療機関の皆様はもとより、広くこの問題に関心のある方々の参加を期待いたします。

プログラム

13:30 開会挨拶  財団法人 医療科学研究所 理事長 森 亘
13:40 来賓挨拶 厚生労働省 医政局 総務課長 栄畑 潤
13:50 座長挨拶 日本大学 医学部 教授 大道 久
14:00 シンポジスト発表(各20分) 新潟大学 法学部 教授 加藤 智章
学習院大学 経済学部 教授 遠藤久夫
日本医師会 副会長 青柳 俊
健康保険組合 連合会 副会長 下村 健
河北総合病院 理事長 河北 博文
15:40 休 憩
16:00 総合討論
17:15 座長まとめ
17:25 閉会挨拶 財団法人 医療科学研究所 研究所長 嶋口 充輝
司会進行 財団法人 医療科学研究所 専務理事 山本 平